GoogleHomeとRaspberry Piで家電をIoT化

 

概要

Google HomeとRaspberry Piを使って、家電を声で操作できるようにしました。
Raspberry Pi側では回路を組んで、「電気をつける・消す」「テレビをつける・消す」と言った赤外線の命令を学習させています。

Raspberry Pi側ではMQTTプロトコルを扱うサーバーをPythonで自作し、常駐させています。
GoogleHomeとIFTTTを連携させ、BeebotteというMQTT Brokerを用いてメッセージを送信し、それをRaspberry Piがキャッチし、赤外線を飛ばし家電を操作するといった仕様になっております。

Androidで専用の遠隔リモコンアプリも自作し、屋外でも家電の操作ができるようにしました。
これにより、「家に到着する10分前にエアコンの電源をつける」といったことも可能になります。