WordPressで管理栄養士さんのホームページを作成

フリーランスの管理栄養士さんからホームページの作成のご依頼があったので、Wordpressで作成しました。

実際のホームページはこちら

ご依頼された経緯

もともとアメブロで活動されていたみたいですが、今回ご自身のオフィシャルホームページを作りたいということでした。

色々ヒアリングした結果、以降もご自身でブログ等を更新していきたいというお話でしたので、初心者さんでも簡単にブログを更新していけるWordpressで作成することにしました。

ご希望のデザインをテンプレートの中から選んでもらい、それをベースにHTMLやCSSでご依頼者様のご希望を聞きながらお作りしました!

以前のホームページとどう変わったのか?

もともとアメブロで活動していたということでしたので、そのページを見せてもらいました。

まずプロフィールページはこのようになっておりました。

やはり元がアメブロなので少し見辛いですね…。

「極力シンプルにしたい」というご要望を頂いておりましたので、大きい写真を使う感じで、サイドメニューは何もないようなページにしました。

その結果が次のような感じになります。

画像等は全てご依頼者様からご自身の設定したいものを提供させて頂きました。

実際のプロフィールページはこちらでご確認できます。

 

お問い合わせページも、元々はformzuで作られたとても簡素なものでした。

今回はせっかくWordpressで作ったので、このお問い合わせページにリンクするのではなく、直接ホームページに置く形にしました。

今回作成したページのコンセプトはシンプルなホワイトな作りに、ピンクを差し色にするものでしたので、お問い合わせページもそのような感じにしました。

「必須」と「任意」が分かりやすくなり、ホームページともマッチする形になったと思います。

ご依頼者には「既存のお問い合わせページにリンクを貼るだけのつもりだったので嬉しい」と喜んで頂けました。

ちなみに、GoogleのreCAPTCHAを使ってスパム対策をしています。

お問い合わせページの右下にアイコンがあると思いますが、それがreCAPTCHAを使用している証です。

通常Wordpressでお問い合わせページを作るとかなりスパムメッセージが来ますので、スパム対策は必須です。

ちょっとしたこだわり

今回作成したWebサイトは、通常テキストに「じゅん 201」、太字のテキストに「じゅん 501」のフォントを設定しています。

Webサイトはフォントで印象がかなり変わります。

例えば、私のこのサイトは「UD新ゴ R」を使っていますが、比べると以下のようになります。

違いが分かるでしょうか…?

実際にホームページ見ると、フォントでかなり印象が変わってきます。

Webにおけるフォント選びはとても重要だと思います!